札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC オフィシャルサイト

地域密着の総合型クラブを目指し、スポーツプログラムの提供だけでなく「スポーツ・教育」を核とした
企画や事業を積極的に立ち上げ、地域の役に立ち・地域に応援されるクラブへ発展させる。

① クラブパンフレット製作
② ウエアメーカーとの提携
③ オフィシャルHP製作
④ コミュニケーション不足対策としてFACEBOOK・LINE等の活用
⑤ 卒業生のスタッフ受け入れ
⑥ 強豪私立高校との連携
⑦ クラブ単独での法人格の取得
⑧ 協賛企業およびチームスポンサーの獲得
⑨ 複数種目化およびトレーデイングアームを活用した地域貢献事業の展開
⑩ 廃部危機少年団の立て直しサポートおよび2ndクラブの設立
⑪ OB会の発足
⑫ 地域・行政・教育機関およびプロとの連携
⑬ 専用施設(グラウンド・体育館)の取得
⑭ クラブバスの取得
⑮ U-15・U-12全国大会進出およびプロの輩出

自分の街にただ強いだけのクラブではなく、真に地域に根付き、必要とされ、愛されるタウンクラブを作りたい。
その様な想いから2008年にL-WAVE.FCはスタートしました。
子ども達がサッカーを通して夢を持ちながら成長して行くこと。
それは見守る家族や指導者、そして地域にとって希望です。
夢や希望は人が生きていく力となり、地域を盛り上げ未来を創造していく原動力となります。
我々L-WAVE.FCはこの社会の一員として、単にスポーツプログラムを提供するだけではなく、地域の課題を「スポーツ・教育・生活」の視点から独自の手法で解決を目指す取り組みを継続的に行っています。

そして現在の活動と並行して、今後私達がやっていかなければいけない使命と考えている事がいくつかあります。
その中の一つとして【地域のスポーツ環境整備】があります。
優秀なスタッフと選手達に恵まれ、近年全道大会にも進出できる様になってきたL-WAVE.FCですが、現在も地域の小学校や運動公園をやっとの思いで借りながら活動しており、特に冬期間の体育館施設の確保に至っては競争率が非常に高く、そこに多大な時間と労力を費やす現実がスタッフの悩みの種でもあります。
近隣の各サッカークラブも同じ様な環境下のもと、子供達のスポーツ環境の整備をどうして行けば良いかと模索している現状、使命感やアイディアはあれど、やはり我々の微力だけでは地域のスポーツ環境整備は非常に困難です。 しかし、地域住民の皆様や地域行政および企業様にお力添えを頂き密に連携する事ができれば、グラウンド用地の整備や多種目対応型屋内フットサル施設の建設など、私達が暮らすこの地域のスポーツ環境向上も遠い未来の話ではないと考えています。
簡単な話ではありませんが、全国の先進地域ではサッカー(スポーツ)クラブが主体となって地域コミュニティや行政・企業とタイアップした地域貢献事業推進の前例が既にいくつもあるからです。

この混迷する現代社会において、クラブ運営を助成金や特定企業のスポンサードおよびボランティアに大きく依存しているクラブの未来は厳しいと判断せざる得ない中、当然自立したクラブ運営がベースとなる事が使命達成の絶対条件とも捉えておりますので、私達はスポーツの枠に捉われず地域の役に立ち・地域に応援されるクラブを目指して今後も様々な可能性を提案し挑戦して行きます。
我々は実行します。
未来ある子供達と地域のために。
地域社会の皆様、今後ともL-WAVE.FCの活動への御理解と御協力ならびに御指導・御鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

L-WAVE.FC クラブマネージャー 谷本 邦元