札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC オフィシャルサイト

L-WAVE.FCでは勝敗よりも「選手一人ひとりがどれだけ成長したか」に重点を置いています。
競技スポーツの特性上、大人達はどうしても強さや勝敗自体を評価してしまいがちですが、子供達の
「勝ちたい」「上手くなりたい」「サッカーが好き」といった想いはもっと純粋なものです。
L-WAVEの選手達は周囲の大人の目を気にせず、「伸び伸び」と自分達の目標に向かってプレーする
事ができるため、表面的な勝ち負け以上の「学び」を以て成長して行く事ができるのです。
「勝っても負けても成長できる。」
我々はその様な選手育成とチーム作りを心掛けています。

サッカーは足でボールを操るため、ミスを前提としたスポーツです。
L-WAVE.FCでは、大人(コーチ)頼りにならない選手を育てて行くためにも、失敗を未然に防ぐのではなく、それぞれの挑戦や判断を尊重しながら「つまずいた時の立ち上がり方」を教えて行きます。

上手く行かなくて当たり前。まずはトライしなければ成功も失敗もありません。
失敗したから次は工夫する。勝ち負け以外に大切な経験がそこにあるのです。
チームとして社会的規律を重視しながら、一人ひとりの自主・自立を促して行きます。
当クラブはうまい選手(有名・有力選手)だけを集めて強さを求めるチームではありません。 最新の指導理論と豊富な育成知識を基にした「LWAVEメソッド」を確立し、一人ひとりの 個性に対応した柔軟なチーム戦術を採用しています。
また小学生年代から定期的な戦術ミーティングを取り入れ、メンタルトレーニングやブレイントレーニングを通して多面的にサッカーを学ぶことができます。

① あいさつ指導

『挨拶で相手を感動させよう!!』
L-WAVE.FCの一員として選手達が果たすべき責任に据えています。

② 指導者の質

L-WAVEの指導者はサッカー指導のプロである前に『教育のプロ』でなければなりません。
暴言・暴力を一切排除した内発的な育成術にて子供達の心に寄り添いながら指導致します。

③ トレーニングの質

練習は『量より質』です。
トライ&エラーの精神をもとに「教えすぎないこと」を心掛け、選手一人ひとりの自発的なアイディアやプレイヤーとしての伸びしろを大切にしています

④ 文武両道

学生の本分はあくまで『勉強』です。 L-WAVEでは創設より高水準の平均学力を維持し続けています。

⑤ 安全第一

選手達が安心・安全』に活動して行ける様、指導者の救命講習毎年受講(全員応急処置対応認定)や合宿時の看護師帯同およびAEDの導入など安全対策に努めています。
L-WAVE.FCでは「にしかわ整骨院」との提携により、充実のメディカル体制で選手をフルサポート致します。
西川院長自身がL-WAVE専属トレーナー(非常勤)として、ケガ予防やケガ後のケアなど責任を持って選手一人ひとりを担当し、希望者に対しての明日の試合に向けた最高のコンディション作りから、ねんざ・脱臼・肉離れ・腰痛など中度の傷病者に対しても1週間後の試合に照準を合わせ治療致します。
さらに、にしかわ整骨院では最新のメディカルマシンを多数保有しており、先進医療の一つとしてはイチ早く健康保険の適用対象にもなった超音波の治療によって、骨折の治療期間を従来の約40%短縮で治す事も可能です。その豊富な知識と経験そしてトレーナーとしての実績に加え、症状に合わせて手の治療と最新マシンを使い分ける高い技術と見識が成長期の選手をトータルで支えます。

※L-WAVE.FCの選手は、にしかわ整骨院にて施術時間の延長サービスや健康保険適用外治療の無料施術、その他テーピングや体幹・筋トレ指導等を無料で受ける事ができますので、診療を御希望の際は必ず予約(チーム名と名前の申告)をお願い致します。

~L-WAVE.FC専属トレーナー~

【 西川祐太(30歳)】にしかわ整骨院 院長
北海道メディカル・スポーツ専門学校卒
趣味:フットサル
資格:柔道整復師(国家資格)・はり師(国家資格)・灸師(国家資格)・WFAコンディショニングトレーナー(ワールドフットボールアカデミー)
※トレーナー実績:04~13女子ラクロス北海道ユース選抜・04~15藤女子大学ラクロス部・13~15北斗高校男子サッカー部

<にしかわ整骨院>
札幌市北区北32条西4丁目1-14 ヘルメス1F
TEL 011-776-7011
受付時間
月〜金 10:00〜13:00・15:00〜22:00
土曜 10:00〜18:00
休診日/日曜・祝日
※駐車場有
2008年
U-12全道市町村コンサドーレカップ優勝
2009年
U-10札幌フットサル全市ベスト8
2010年
U-12道新スポーツ旗・北電カップ札幌地区予選ブロック準優勝
2011年
U-12じょうてつ杯全市ベスト8
 
U-12札幌フットサル全市ベスト8
 
U-13市民大会全市第3位
 
U-15中学生サッカー選手権地区リーグカップ全市第3位
2012年
U-10全道市町村コンサドーレカップ優勝
 
U-13市民大会全市ベスト8
2013年
U-12道新スポーツ旗・北電カップ札幌地区予選ブロック優勝(全道大会ベスト16)
 
U-12バーモントカップ札幌地区予選ブロック優勝(全道大会進出)
 
U-15会長杯優勝(札幌ブロックカブス昇格)
2014年
U-10山崎七郎杯札幌地区予選ブロック優勝(全道大会進出)
 
U-10札幌フットサル全市ベスト8
 
U-13 札幌市民大会準優勝
2015年
U-10山崎七郎杯札幌地区予選ブロック優勝(全道大会進出)
 
U-10岩内町長杯全道少年サッカー大会第3位(全道大会第3位)
 
U-13市民大会全市ベスト4
2016年
U-12会長杯第3位
 
U-13札幌市民大会優勝
 
U-15札幌地区中学生サッカー選手権大会優勝(全道大会進出)
 
U-15地区カブスリーグ全道大会準優勝
L-WAVE.FCの卒業生はそのほとんどが普通受験で公立の進学校へ進んでおり、サッカーだけでなく選手全体の平均学力が高い当クラブの特徴と言えます。 その一方で、プロを目指し道内のサッカー強豪私立高校へスポーツ特待生として進学して行く選手も毎年輩出するなど、選手それぞれの将来設計に応じた進路をサポートしています。

2013年度卒業生PICK UP!!
互野 湧太(17)

L-WAVE卒業年度にはチームキャプテンを務めながら総合Bランクの学力を維持し続け、普通受験で札幌西高校に合格。
将来の夢は薬剤師や薬剤研究員になって社会の役に立つこと。
現在札幌西高校サッカー部に所属し、文武両道を継続中。
(※他にも札幌南高校や札幌東高校、開成高校など公立の進学校に多数の卒業生を輩出しています。)

2014年度卒業生PICK UP!!
櫻井 歩(16)

L-WAVEの絶対的エースストライカーとして誰よりも努力すると同時に、総合Aランクの学力を維持し続け、昨年度道内屈指のサッカー強豪校・帯広北高校にスポーツ特待生として進学。
現在1年生のキャプテンを務め、道東トレセンにも選ばれるなどプロを目指して活躍中。
(※帯広北高校の他、札幌北星高校や小樽北照高校など、道内の様々な私立高校にスポーツ特待生を輩出しています。)