札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC オフィシャルサイト

L-WAVE.FCでは、ピリオダイゼーション理論をベースにMTMトレーニング法や 超回復理論など最新のトレーニング概念を採用し組み合わる事によって、 サッカーの本質理解とチームスタイルやコンセプトの習慣化など、 育成年代の選手達にとって最も効率の良い練習プログラムを組んでいます。
試合当日にピークの状態で臨むために、年間のトレーニングをいくつかの段階に分け、その段階ごとのトレーニングを体系的に組み合わせていくというトレーニング理論です。
マッチ・トレーニング・マッチの略で、
⇒ゲームから課題を抽出
⇒抽出した課題をトレーニングで修正
⇒ゲームで達成度の測定と新たな課題抽出
を繰り返すトレーニング方法です。
トレーニングによる疲労蓄積に対して、適切な栄養と休息を取る事で以前の筋力・体力レベルよりも高い水準まで回復する現象です。

小学生時代の特徴と留意点

小学生時代の大きな特徴として、サッカーの世界で「ゴールデンエイジ」と呼ばれるこの年代は、神経系が発達のピークを迎え、あらゆる物事を短期間で吸収できる「黄金期」であり、その後の運動神経はこの時期にほぼ全てが形成されます。
それゆえに、小学生時代ではボールの操り方(クローズドスキル)と判断を伴った一連のプレー(オープンスキル)を如何に紐付けるかが非常に重要です。

L-WAVE.FCでは小学生年代に詰め込み指導をせず、伸びしろの余裕を持たせたままスキルの土台構築を図り後伸びする選手を育てて行きます。

中学生時代の特徴と留意点

中学生年代の大きな特徴としては、言わずと知れた成長期・思春期が挙げられます。
この時代は筋肉や骨格の発達につれ、その柔軟性が失われ非常に怪我をしやすい時期であるだけではなく、その急激な成長により身体の支点・力点・作用点に狂いが生じ、体がイメージ通りに動かなくなったり新しい技術を習得しづらくなるなど、発展途上の年代にありながら技術的なパフォーマンスが停滞してしまう「クラムジー」という現象が有名です。
また、中学生時代はこれまであまり目立たなかった選手が急に頭角を現したり、少年期のスターが平凡なサッカー選手になったりする時期でもあり、単なるトップダウン指導ではなく思春期という難しい背景も理解しながら内発的な指導を行ってくれる指導者、正しい指導・育成知識を持った指導者との出会いがその後のサッカー人生や人間形成にも大きな影響をもたらす事となります。

L-WAVE.FCでは、プロの指導者が選手一人ひとりの課題に寄り添いながらサッカーという教材を通して人間教育致します。

最後に…「練習量=上達」は絶対ではない

反復練習の重要性に関しては異論の余地はありません…しかしやりすぎがよくないのも事実です。
一部では未だにほぼ毎日練習しているチームもある様ですが、適正値を超えたトレーニング負荷は重圧や怪我などを含めたスポーツ障害のリスクを急激に高める事が既に各方面で証明されています。
また、近年問題視されている学力低下にもサッカー後進国である日本のスポーツ概念が大きく影響していると言われています。

努力・忍耐・根性など競技スポーツと聞いてすぐに思い浮かぶキーワードですが、現代の日本の子供達に昔ほど「スポ根」がフィットしなくなってきている現状、育成年代に対する古い知識や誤った指導の蔓廷から、多くの選手が疲れや眠気から学校の授業を集中して受けられない等の現実が浮き彫りとなってきたのです。

サッカーの本場、欧米・南米の最新の育成理論では、練習内容だけではなく休息や食事などを合理的に取り入れながらその年代に即した「量と質」をプログラミングして行く事が最も重要とされており、Jリーグの下部組織等でも実践されています。

L-WAVE.FCでは、選手がより集中できる練習の量と質を正しく見極めることが子供達の積極性や判断力を向上させるという考えを基に文武両道を掲げ、トライ&エラーの指導を支える「クイック、シンプル、トゥ・ザ・ポイント」といった効率的かつ効果的なコーチングメソッドを実践し、バランス感覚溢れる選手指導を実現しています。